30代の転職はキャリア優先?エージェントで変わる転職活動

30代の転職はキャリア優先?エージェントで変わる転職活動

553view

2018.07.23

30代の転職は不利にしない方法とは

30代の転職をネガティブにみない「エージェント」 を探す

自分自身の持つキャリアを活かしたり、ビジネススキルを伸ばしたりするには、30代は最適な時期ともされています。新卒で入社してから7~10年経つと、主任から課長へ昇進したり、さまざまな専門スキルや新卒社員の教育などを任されたりする年齢になっていきます。企業の規模にもよりますが、ビジネスフィールドを広げる過渡期ともいえるでしょう。

こうした時期であっても、さまざまな事情から「どうしても転職したい」という場合もあります。「もう少し若ければ…」、「20代ならば…」という意見を聞くこともあれば、「今しかない」、「30代の今のうちに」と考えている方も多いでしょう。

履歴書の送付や面接を繰り返したとしても、大切なのは30代での転職を不利にしないエージェントを見つけることがポイントです。つまり、「30代」であれば、持ち合わせたビジネススキルやキャリアが既に積まれています。その持ち合わせたものを活用できる転職活動のできるエージェントを見つけることを優先しましょう。

企業の見方は積極的!エージェント次第で変わる30代の転職

企業にとって、転職する人に求めるものは、多くの場合「即戦力」です。そのため、30代であれそれ以上であれ、年齢相応のビジネススキルやキャリアがあれば、転職を有利にすることができます。企業がヘッドハンティングする場合、30代という年齢は壁になりません。逆に、ビジネススキルやキャリアを持っている社員として雇用すれば、新たな教育等は最小限に抑えることができ、多くの責務や仕事を一任することができます。

そこで、キャリアの訓練を継続したり、ビジネススキルを伸ばすための活動を継続したりするなら、経験不足や年齢に関するネガティブな見方を補うものとなります。こうした点を考えると、ある程度の経験やキャリア、ビジネススキルを必要とする企業を紹介してくれるエージェントで、転職活動を始めるのは大切です。

30代の転職はキャリア優先を進めるエージェントが多い?

新卒ではなく、幹部の年齢でもない「30代の魅力」は?

30代での転職が不利といわれる理由は、20代のフレッシュな感覚が少なく、40~50代の幹部候補の経験や風格に一味欠けることかもしれません。しかし、どちらも身につけることも可能なものです。時間や費用のかかる国家試験とは違い、個性や雰囲気が関係するスキルであれば、誰にでも身につけることが可能でしょう。

そこで、今まで身につけてきたビジネススキルやキャリアを活かした転職活動を優先することが大切です。転職エージェントを探す場合に、キャリアを活かした転職活動を進めてくれるエージェント会社、もしくはエージェントの担当者かを確認してみましょう。

キャリアを活かした転職なら30代でも年収が上がる

現職もしくは前職の退職理由が、企業の待遇や年収であれば、転職活動のポイントはキャリアやビジネススキルに絞ることが大切です。ただ単に、○○万円以上の年収や月の給与といっても、年収や給与にふさわしい、もしくは対応できるビジネスレベルが必要になります。

そのため、転職エージェントに伝えておくべき情報として、積み重ねてきたビジネスキャリアや経験・実績、持っているビジネススキルの詳細を伝えてリサーチを始めます。場合によっては、持ち合わせたキャリアやスキルで、ジョブチェンジ、つまり職種や業種を変えることで年収が上がるというケースも少なくありません。

30代での転職はこだわりと妥協のバランスがポイント

ビジネスフィールドを広げるチャンスにもなる転職は、こだわりたい部分と妥協できる部分を持ち合わせているときもあります。転職エージェントでも、年齢や職種・職業それぞれに、得手不得手があり、30代での転職に強いエージェントやキャリアを活かした企業探しにプロフェッショナルなエージェントがあります。

広げられる範囲はしっかりと引き延ばし、30代の転職サポートに慣れたエージェントで転職活動を進めるなら、30代での転職が魅力的なものとなるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る