30代男性が転職の際に取得しておきたい!おすすめの資格4選

30代男性が転職の際に取得しておきたい!おすすめの資格4選

470view

2018.07.23

30代男性が転職を目指して資格取得する際のポイント

転職後の仕事に役立つ資格取得を

30代の男性が転職を目指して資格取得を検討している場合、転職後の仕事に役立つ資格取得を目指すというのが大切です。資格があるから仕事に就けると考えるのではなく、あらかじめどのような業種に転職したいかについて入念に下調べをしておき、それに合った資格を目指す方が、失敗が少なくなるでしょう。やみくもに資格を取得しても、それが肝心の就職につながらなければ意味がありません。

また、目指している資格が、今の仕事を続けながら挑戦できる資格なのか、という見極めも大切です。難しい資格を取得するために時間とお金をかけたのに、その職に就けなかったということにならないように、資格選びは慎重に行いましょう。

特に、30代男性といえば、家庭を持っている方もいらっしゃることでしょう。その場合は、資格取得と転職がしっかり身を結ぶようにしなければなりません。無理のない計画を綿密にたて、入念に情報収集を行った上で、資格取得や転職に挑戦することをおすすめします。

今までの経験を活かせる資格がおすすめ

30代の男性といえば、世間一般からは「仕事でそれなりに経験を積んできている」という見方をされるという意識も持っておいた方がいいでしょう。20代のように、会社や企業に入って育ててもらおうという意識でいると、ちょっと厳しいかもしれません。30代男性の転職には、仕事に対する経験やスキルもそれなりに求められます。

ですから、今まで仕事をする中で積んできた経験を活かせる資格があれば、それがおすすめです。ただ、転職を考える際に、今までとは違う業界に行きたいと思うこともあるかもしれません。その場合は、今までの経験を上手くアピールしつつ、その業界の仕事に関わる資格の取得を目指すのが良いでしょう。

30代男性の転職におすすめの資格4選

第2種電気工事士

電気工事の仕事に携わるための国家資格が電気工事士です。家庭やさまざまな施設で使われている電気設備に関する工事を行える資格です。専門的な知識を持った人でないと危険を伴う電気工事に関しては、電気工事士の資格を持った人によって行われることになっています。電気工事士の資格は1種と2種に分かれています。

扱える電力の大きさが違うのですが、1種は2種を取得した後に実務経験が必要になるため、まずは「第2種電気工事士」の資格を取っておくといいでしょう。電気工事はさまざまな場面で必要になりますので、需要が高い資格といえます。

危険物取扱者 乙種4類

その名の通り、危険物を取り扱うのに必要な資格です。危険物取扱者の資格は、甲種・乙種・丙種に分かれています。その中でもご紹介している「危険物取扱者 乙種4類」の資格は、第4類危険物を取り扱える資格になります。第4類危険物の中には、車に入れるガソリンや軽油、一般家庭でも使う灯油など、身近な危険物も含まれているため、仕事にも結び付きやすい資格と捉えられています。

フォークリフト運転技能者

「フォークリフト運転技能者」資格は、運送業界や物流業界などで役に立つ資格です。指定される教習所に通って講習を受け、実技も含む試験に合格することで取得できます。試験には合格しないといけませんが、資格取得の難易度としてはそれほど高くはないので、「すぐに資格を取得したい」という方には向いているかもしれません。

ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー」は、お金に関する専門的な知識として知られています。人からお金の相談を受けた時に、その相談に対して専門的な知識を使って答えるといった仕事を行います。お金を扱う金融機関や、不動産業界などで特に必要とされる資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格は、1~3級まであり、上位の資格取得を目指すことで、その分価値も高くなってくるでしょう。取得を検討される場合は、2級以上を目指すことをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る