30代の女の人が転職活動を有利にできる資格の取り方とは?

30代の女の人が転職活動を有利にできる資格の取り方とは?

1508view

2018.07.23

30代の女の人は企業側からすると雇いにくい点がある

20代と30代の女の人の違いとは?

30代で転職する女の人は企業側からすると残念ながら雇いにくいと感じる点がいくつかあります。20代と比べて30代の女の人は、どのような点が企業側から敬遠されがちなのか確認しておきましょう。

  • 結婚したばかりでこれから妊娠する可能性がある
  • これから結婚して退職してしまう可能性がある

男性と違って女性は結婚や出産などのタイミングで退職してしまうことが多いです。せっかく雇用して仕事に慣れたタイミングで退職されてしまうと、企業側としては教育コストが無駄になってしまうと感じてしまいます。

子供が小さいため子育てにより急に仕事を休むことがある

中学生や高校生ぐらいの子供であれば、急に仕事を休まなければいけないほどのトラブルはあまり起こりません。しかし、30代の女性は小学生や保育園・幼稚園など小さな子供を育てていることが多いです。10歳未満の子供を持っている母親は勤務状況があまり安定しない傾向にあり、企業としては雇いづらいと感じています。

30代の女の人は20代と違うアピールが必要

このように20代の女の人と比べると、多少不利な点があるのが30代です。20代よりも企業側に強く仕事ができることをアピールしなければ、転職はなかなかうまくいかないでしょう。20代と比べて、仕事に対する経験が豊富なのは間違いありませんが、それを企業にアピールするのはなかなか難しいです。経験や実践力などよりも、もっと客観的な仕事力をアピールすることが30代の女の人が転職活動でうまくいく秘訣です。

資格こそ最も客観的な指標

そこで役に立つのが「資格」です。資格は、ビジネスシーンで最も客観的に人間の能力を測るものの1つです。学歴よりも資格の方が、よりビジネスマンとしての能力を測りやすいと考えている企業も非常に多いです。子育てをしながら働く30代や、これから結婚する可能性があると考えられている30代の女の人は、しっかりとした資格を保有して転職活動を有利にしましょう。

30代の女の人はこの資格を取得すれば有利になる!

転職活動で有利になる資格の選び方

30代の女の人が転職活動で有利になる資格の選び方は、主に以下の2つの点を押さえておけば大丈夫でしょう。

将来性がある

いくら資格を獲得してもその資格に将来性がなければ転職活動ではあまり有利にならないでしょう。例えば今後業界全体が成長するような仕事に関わる資格であれば、いわゆる「つぶしがきく」とされて、転職活動でも有利になります。例えば高齢化社会が進む日本においては、医療系の資格は非常に将来性が高いとされています。

事務系

肉体労働系の現場で必要な資格は男性には人気ですが、女の人にはあまり人気がない傾向にあります。なぜなら建設現場なので必要な資格を持っている女の人を雇っても、なかなか配置が難しいと企業が考えるからです。

現在の日本では、建設現場などは極端な男性集中職場であり、そこに女性が入ると様々な面で厄介なことが起きてしまいがちなのです。事務系の仕事に関わる資格であれば、雇う側の企業としても転職活動する女の人の立場としても、選択肢が広くなりやすいためおすすめです。

30代の女の人の転職を有利にする人気の資格

医療事務

医療事務は最も女性が転職活動で有利になりやすい資格のうちのひとつです。日本では高齢者がますます増えて医療費は拡大傾向にあります。病院の数も今後減ることはまずありません。高難度の医療事務系の資格を取得しておけば病院への転職活動は楽になるでしょう。

簿記2級以上

簿記は古くから女の人に人気の資格です。今後爆発的に需要が高まることはありませんが減ることもない、安定した資格といえるでしょう。ただし、資格を取得するのであれば簿記は3級ではなく2級以上を取得するようにしてください。3級レベルの簿記は実務においてほとんど需要はありません。転職活動においてはほとんど評価されないといっても過言ではないでしょう。

簿記の2級であれば簡単な会計を任せることも可能になるため、企業として雇いやすくなります。また、簿記の1級は非常に難易度が高いためなかなか取得することは困難ですが、もし1級を保有していれば転職活動は大変有利になるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る