30代の転職が難しいのは本当か?成功するためにすることは

30代の転職が難しいのは本当か?成功するためにすることは

185view

2018.07.23

30代の転職を難しくしているもの

家族との関係

30代の転職は、一緒に住んでいない家族も含めて、家族の理解が必要です。特に結婚している人や子供のいる人は、転職することによって生活が変わっていきます。
転職することによって自分のみならず周辺の人たちにも影響が出るので、その旨をきちんと家族などに説明しなくてはいけませんし、協力が必要になってきます。家族との関係を考えると転職を決意することも難しくなります。

30代の転職はスキルなしでは難しい

30代の転職で全く未経験の仕事に転職するのは、とても難しいというのが現実です。今まで仕事でしてきたことを書き出していき、自分にどのようなスキルがあるか、そのスキルがどのような仕事に生かされていくかを考えていきます。それをスキルの棚卸といいます。これはとても大事なことで、もし転職エージェントなどに登録すると、キャリアアドバイザーと、まず一緒にすることです。スキルの棚卸をすることで、自分のことを客観的に見られます。

たとえば、営業で成績が1番でした、というだけではスキルとは呼べません。なぜ、1番になったのかを、あなたの性格やスキルが使われて、どのように1番になったのかをきちんと説明してみましょう。客観的な事実として説明すると、どのように自分を相手にアプローチしていけるかがわかってきます。

どのような職場で働くかを考える

30代の転職で大事なことは、全く未知の世界で働き始めるのはリスクが大きすぎるということです。企業の業種が違うものであっても、仕事自体は関連性のあるものを選びます。30代で全くの初心者では、転職は難しいです。今まで培ったものによって、すぐに次の仕事をはじめられるということがアピールできるようにしましょう。

30代の転職は、短期集中型で決めないとさらに難しい状況に

転職の仕方にもよりますが、在籍したまま次の仕事を探す場合は、つい集中力を失いがちです。そうこうしている間に、時はアッという間に流れてしまいます。

30代は特に、30代前半と半ば、そして後半では、イメージが変わりやすいという特徴があります。できれば、40歳近くになる前に転職を決めてしまったほうが有利であることをしっかり頭にいれておきましょう。そのためには、ダラダラと転職活動をせずに、いつまでに転職するか目標を置いてそれまでに決めてしまいましょう。

難しい30代の転職をクリアするためにするべきこと

年齢相応のスキルと資格を持っているか考える

20代の転職とは違い、全くの初心者というわけにもいきません。もちろん、今までの仕事が自分に合わないから転職を考えるようになった人も多く、そのような人がまた同じような職種を選んでは意味がありません。ただし、今までしてきたことがどのように次の仕事にプラスになっていくかをアピールできるように、関連性を考えていきましょう。

また、資格ですが、数多くとっているからといいわけではありません。資格をたくさん羅列しただけでは、訴求性はありません。それぞれの資格がこれから働きたいと思っている職場でどのように生かされていくかが大事です。30代の転職は、あなたが持っている経験や資格を使って、どのようなメリットを企業に与えることができるかをアピールできるかどうかがポイントです。

転職理由をきちんと説明できるようにする

やはり、面接で聞かれることは、なぜ以前の職場をやめようと思ったかということです。ただ、「嫌になったから。」では、飽きっぽい人とか、我慢ができない人と思われるだけです。自分のライフプランを考えて、キャリアアップをきちんと考えて転職をしようとしているということをきちんと説明できるようにしておきましょう。

30代に望まれていることは「即戦力」であることを理解する

30代は意外と広い範囲で転職者を受け入れたいという企業があります。ただし、どこも「即戦力」として人材を探しているということを忘れないようにしましょう。ですから、自分がどのようなことを今までしていたかをきちんと説明できるようにしておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る