お給料の手取りを上げたい人必見!30代の転職で成功する方法

お給料の手取りを上げたい人必見!30代の転職で成功する方法

1354view

2018.07.23

現在の30代の転職市場

30代の平均年収・手取り

30代になって経験を積んだので、そろそろキャリアアップを考える際に、まず30代の転職における市場を見てみましょう。

現在の30代の平均年収は約390万円で、手取りでの年収が約300万円、手取りでの月収は約25万円となっています。さらに男女により平均年収が大きく異なっています。男性の平均年収は約446万円で、手取りでの年収が約330万円、手取りでの月収は28万円となっています。女性の平均年収は約301万円で、手取りでの年収が約230万円、手取りでの月収が19万円となっています。

男女で平均年収・手取りが異なる理由

男女で大きく異なっている理由は、30代となると女性は結婚をしてその後出産と子育てがあるため、そのまま働く人もいますが、時短で働いたりパートで働いたりとキャリアを大きく変更する場合もあるため、男女で平均年収が大きく異なっています。また、女性の中でもキャリアを変更せずそのまま働き、キャリアアップを続けていき、課長やチームリーダーなどの役職に付く人もいますが、男性ほどは数がまだ多くはありません。

30代での転職は難しい?

20代の転職と30代の転職では、30代の転職のほうが難しいと言われています。20代の転職は、やる気次第では未経験の分野にも挑戦できるなどのポテンシャルを中心に転職をすることができます。しかし、30代の転職は、やる気だけのポテンシャルでの転職は難しくなっています。

30代の転職では、ポテンシャルだけではなく、転職するまでの経験・資格などの即戦力性を求められることが多くなっています。30代となると20代と異なり、プレイヤーとしてだけではなく、管理職への道もあるため、20代よりも転職のハードルが高くなり、能力・スキル・経験などが多く求められているのでしょう。

30代の転職を成功させる方法

30代で年収が下がる可能性

転職をすれば、安易に年収が上がると考えるのは早計です。安易に転職をしてしまうと、年収が以前よりも下がってしまう可能性があります。30代の転職は20代の転職よりもさまざまなことを求められるため、安易に転職活動をするのではなく慎重に転職活動をすることをおすすめします。

年収が以前よりも下がってしまう場合とはどんなケースか?まず、経験・スキルなどを考えずに、未経験の職種に転職をしようとする場合が上げられます。未経験での転職では、どうしても経験・スキルがないため評価が低くなり、年収の査定がどうしても下がってしまう可能性があります。

とりあえず交渉してみる

転職の際に年収を提示されて、思ったよりも提示された年収が低く、転職をあきらめてしまったり、そのまま不満を残して転職をしてしまったりという場合があります。
まず、あきらめたりそのままにせずに、相手に交渉をしてみることをおすすめします。自分の希望する年収額・待遇を伝え、自分の今までの経験・スキルがいかにその職種で活かせるか伝えてみましょう。

自分の経験・スキルを上手に相手に伝えられ、交渉がうまくいけば、年収をアップすることができる可能性があります。

転職後に年収が上がる可能性

転職後にすぐに年収が以前よりも下がってしまったので、転職は失敗と考える方もいるかもしれません。しかし、転職後ではすぐに戦力となることは難しいと考えてみてはいかがでしょうか。職場の戦力となれば、おのずと年収は上がっていくはずです。

転職後に仕事に役に立つような資格を取ったり、今までの経験を活かして仕事をしていけば、徐々に評価がされて年収が以前よもぐっと上がるというケースもあります。

交渉するならプロにまかせるべき

転職の際の年収の交渉はとてもデリケートで難しく、交渉次第では年収アップも見込めますが、方法によっては相手に悪い印象を与えてしまい、転職自体が難しくなってしまう場合があります。そもそも交渉自体があまり得意ではないという場合もあります。

転職の際に重要な問題となる年収の交渉は、やはり転職のプロである転職エージェントに依頼をするのが良いでしょう。転職エージェントであれば、こういった交渉のノウハウがあるため、うまく交渉をしてくれて年収アップが見込めるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る