30代の転職で求められるものとは?転職を成功させる方法

30代の転職で求められるものとは?転職を成功させる方法

219view

2018.07.23

30代の転職ではなにを求められているのか

30代は即戦力

20代の新卒の学生に即戦力を求める会社は少ないです。資格ややりたいことがはっきりしていることが20代では求められます。では、30代はどうかというと、30代ともなるとそこそこの社会経験があり、実績があることを求められます。企業が取り扱っている製品について知見があること、販売実績があることなど、即戦力になりえる経験を武器にすると転職がしやすくなるといわれています。

30代ではまだ管理職としての力を求められていないので、入社して結果が出せるような即戦力としての力を見られています。

未経験分野は厳しい?

ここで気になるのが、もともと務めていた会社の職種と転職先の職種が異なった場合の対処法です。30代の転職では即戦力を求められていて、スキルや実績などが考慮されやすいです。それに対し、未経験の場合はやはり敬遠されがちです。現在いる業界が肌に合わないからと転職する場合は、現在のスキルを活かせるというビジョンをしっかり持つことが大切です。

  • 現在持っているスキルの洗い出し
  • 次の転職先業界で必要となりそうなスキル
  • 共通点を探す

現在のスキルが、未経験分野でも流用できるということを口頭でアピール必要があります。未経験分野への転職を考えている人は、厳しい戦いになるということを覚えておきましょう。

転職回数も見られている

入社するからには長く働いてもらいたいというのが企業の考え方です。新入社員を教育するのに、およそ200万ほどかかると言われているので、その200万を回収できるような人材を入社させたいと思っています。そこで見られるのが転職回数です。転職回数が多いということは、会社を離れるということの経験回数なので、あまり多い場合は転職活動に差し障ります。

30代の場合、3回以上の転職経験がある場合は、転職活動がしにくくなる・受かりにくくなるというデータもあるので、転職をするときはよく考えて行うようにしましょう。

求人票を読み取る力

求人票に「年齢不問」と書かれている場合、どういう意味があるかを考える力が必要になります。誰でも出来る仕事なのか、それとも自分しかできない仕事なのかを見極めましょう。安易に転職をせずに、どうしてこういう人を求めているのかの裏を読んで転職活動すると成功しやすいそうです。

30代の転職活動を成功させるために

(1)優先順位を決める

30代の転職活動には、目的の優先順位をつけることがとても大切です。「年収を上げたい」「スキルアップしたい」「休日の日数」など、目的となる求人ポイントがあると思います。すべてを満たす企業を探すことはとても大変ですが、優先順位をしっかりと決めて転職活動を行いましょう。

(2)自分の市場価値を考える

専門的な知識(プログラミングやCAD)といった知識やスキルがある場合、転職がとても有利になります。誰でも出来る汎用スキルと、自分にしかできない専門的なスキルの洗い出しを行って、本来であればどのくらいの市場価値があるかを自分で理解して、自分の強みをアピールできるようにしましょう。

専門的なスキルは即戦力になるので、多くの企業で求められることが多いです。自分の市場価値を考えられれば、安易に転職先を決める危険も減るのでおすすめです。

(3)転職活動は在職中に行う

30代の場合、趣味にお金を使ったり、結婚をして家族を養っていたり、お金がかかることが多いです。転職活動にはお金がかかるので、出来るだけ転職活動は在職中に行うとよいでしょう。退職をしてしまうと、市民税や厚生年金などが実費になり、大きな負担になることが多いです。

出来るだけ在職中に転職することで、出費を抑えたり、離職中のストレスなどが溜まりにくいです。有休消化などを利用しながら効率よく転職活動をしていきましょう。

(4)複数の転職サイトを利用する

転職する場合、1社に絞らずに複数の転職サイトを利用して転職活動を行いましょう。複数の企業に同時にアプローチすることで就職率がアップします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る