転職する前に確認!転職時に必要な30代の自己分析とは?

転職する前に確認!転職時に必要な30代の自己分析とは?

280view

2018.07.23

客観的な視点が大切

30代で転職を考えた時に準備すること

20代の頃は、目の前の仕事をがむしゃらにこなすことで、いっぱいいっぱいだったかもしれません。しかし、30代になってくると、ある程度、仕事もこなせるようになり、さまざまなものが見えてくるようになります。中には、このまま今の仕事を続けていくことに、疑問を感じてしまう人もいるかもしれません。

そんな時に、転職を意識する人もでてくるでしょう。自分のキャリアアップのため。更なる高みへの挑戦。自分の可能性を広げたい。このような理由の他にも、ひょっとしたら、思い切って他業種への転職を考え始めている人もいるかもしれません。仕事は、人生の中でも大きなウエイトを占めます。だからこそ、とても大切なものなのです。

転職を考え始めた時には、さまざまな不安がでてきます。収入面に不安を感じる人もいるでしょうし、新しい一歩を踏み出すことをためらう人もいるはずです。そこで、まずは転職を考えた時に準備しなければいけないことについて紹介したいと思います。

転職を考えた時に、まずしなければいけないこと。それが、客観的な視点で自分を見て行う自己分析です。自己分析ができていなければ、転職活動につまずく可能性もあります。そうならないためには、自己分析の意味と必要性を理解しなければいけません。

冷静な目で自分を見る

自己分析が大切だと紹介しましたが、自己分析といわれてもどのようにすればいいのか分からないという人もいるでしょう。そこで、転職活動を成功させるための自己分析の方法について紹介したいと思います。

自己分析を行う時に大切になってくるのが、自分のことを冷静な目で判断するということです。自己分析を行う理由は、転職活動を行う際に相手に自分のことをどのように売り込むのかを考えるためにあります。だからこそ、冷静な目で自分を見る必要があるのです。必要以上に自分のことを大きく見せればいいわけではありませんし、謙遜し過ぎてもいけないのです。

自己分析を行うメリットは以下になります。

  • 自分が進む道が間違っていないかの確認
  • 企業が求める人物像とかけ離れていないかの確認
  • 自分の強みと弱点の確認

求められる人物像と比較する

企業が求める人物像を考える

自己分析を終えて、自分の強みや弱点を確認することができれば、次に転職先候補の企業が求めている人物像を考えます。企業が求めている人物像を知ることは、転職活動においいて重要なポイントとなるので、しっかりとした判断が求められます。

企業が求めている人物像が見えてきたら、次に考えなければいけないのが、自分の強みを活かして、求められている人物像にいかに近づけていくのか、という点です。

関係ないように思える強みでも、角度を変えて検証することによって、活かせる可能性があります。その可能性を探りながらアピールポイントを作成していくのです。つまり、自分の持っている武器を活かす方法を探していくということ。アピール方法は一つだけではないということを忘れないように探ってみて下さい。

自分がどのようにコミットしていくのか想像する

企業が求める人物像に、自分の強みを活かしながら近づけていくという作業をする時に大切になってくるのが、入社後のイメージです。

入社後、自分がどのように企業にコミットしていくのかをイメージすれば、具体的なプランを考えることができます。この部分は、具体的であればあるほどいいといえます。企業側が、あなたを判断する時の大きな材料になるからです。

自分の強みをただ並べただけでは、面接する側も入社後のイメージを抱くことは難しいといえます。だからこそ、こちらが提案するぐらいの気持ちで向き合うことが大切になってくるのです。客観的で正確な自己分析によって、見つけたあなたの強みを活かして、入社後何ができるのかを提案することができれば、企業側の評価も高くなるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る